極東製薬工業株式会社

  • ホーム
  • 細胞培養受託製造
  • 細胞培養製品一覧
  • 技術情報
  • ペプトン・エキス製品一覧
  • KYOKUTOブログ
  • お問い合わせ

KYOKUTOブログ

極東製薬工業(株)公式ブログです。
当社と関わりのある先生方からの投稿記事や、当社の細胞培養オタク研究員のつぶやきを紹介致します。

細胞培養 特別講義

研究開発情報

製品情報

 · 

【セミナー案内】日本農芸化学会共催ランチョンセミナー

2015年3月26日~29日の会期で行われます日本農芸化学会2015年度岡山大会(実行委員長:稲垣賢二先生(岡山大学大学院・環境生命科学科・教授))にて、3月28日(土)にランチョンセミナーを以下のように共催致します。

同大会へご参加される皆さまは、是非、ご出席下さい。


【ランチョンセミナー(LS11)共催概要】
日時:3月28日(土)12:30~13:20

会場:岡山大学津島キャンパス会場 教養E棟1F E11

要旨:分析をベースとした生物生産のための培地と培地原料


【要旨詳細】

発表1:液体クロマトグラフ質量分析計による培養プロファイリング解析
鈴木崇 様 (株式会社島津製作所)

発表2:ペプトン・エキス類の多面的成分分析
戸高眠 (極東製薬工業株式会社・製品開発部)


進行:白石卓夫(極東製薬工業株式会社・バイオサイエンス部)


細胞・微生物を問わず、生物を利用した物質生産系では、目的物質の産生能を効率的に高めることが重要となる。培地は重要なキーファクターの1つであり、培養中の培地成分の動態を把握し、培地原料の特性を知ることによって、初めてその検討が可能となる。
本ランチョンセミナーでは、島津製作所様と共同で開発した液体クロマトグラフ質量分析計による培地成分一斉分析手法、及びそれを利用した培養プロファイリング解析例を紹介するとともに、培地の主原料であるペプトン・エキス類製品を多方面から分析した結果について紹介する。ぜひ今後の培地最適化検討の参考としていただきたい。

----------------------
大会ホームページでも案内いただいております。併せてご確認下さい。

日本農芸化学会2015年度岡山大会 ランチョンセミナー案内

過去記事

【特別講義 第15回】神経幹細胞を培養する

【講師紹介】順天堂大学 赤松和土 先生

【出展報告】再生医療JAPAN 2018

【出展案内】再生医療JAPAN 始まりました

【お知らせ】細胞培養関連サイトのデザインが変わりました

【掲載報告】9/27「化学工業日報」再生医療特集に掲載されました

【出展案内】再生医療JAPANに出展いたします

【掲載報告】9/10「化学工業日報」に掲載されました

【お知らせ】展示会出展のご報告

【お知らせ】特設サイトオープンいたしました

【お知らせ】バイオ医薬EXPOスタート

【お知らせ】日本組織培養学会に参加しました(6/25)

【お知らせ】展示会のご案内(6/21)

【お知らせ】技術情報の更新(4/16)

【特別講義 第14回】常在菌と病原菌の狭間(後編)

【お知らせ】ニュースリリース更新のお知らせ(4/2)

【特別講義 第13回】常在菌と病原菌の狭間(前編)(2/8)

【講師紹介】東京女子医科大学 菊池賢先生(1/23)

【お知らせ】CP-1がMFに登録されました

【特別講義 第12回】腸上皮培養の今後と応用(10/31)

【特別講義 第11回】 腸上皮オルガノイド培養 (09/29)

【特別講義 第10回】 腸上皮組織と幹細胞 (09/08)

【講師紹介】東京医科歯科大学 中村哲也先生(09/08)

【特別講義 第9回】なぜT細胞だけが胸腺で分化するのか (06/26)

3製品の技術情報ページを更新しました! (06/16)

【特別講義8】免疫反応の制御と制御制T細胞 (02/24)

【主席研究員部屋7】 水は培地の生命です (01/18)

このページのTOPへ

細胞培養

  • 受託製造
  • 製品一覧

ペプトン・エキス類

  • 製品一覧

KYOKUTOブログ

  • 細胞培養 特別講義
  • 研究開発情報
  • 製品情報

お問い合わせ

  • お問い合わせ一覧
  • 受託製造に関するお問い合わせ
  • 製品に関するお問い合わせ
  • ご利用に当たって
  • 個人情報について